働かずして稼ぐために 025

1.3回読んで学び取ったこと、感じたこと。自分の言葉で書く。

 

 働く時間を減らすためには自動化が必要です。

どこで自動化できるかというとメールによるフォロワーが出来るということを学びました。

 コンテンツビジネスをパーツに分けると、

  • コンテンツ作り
  • レター作り
  • 集客
  • メールフォロワー

 だそうです。この中で自動化できるのは、集客とメールフォロワーだそうです。

 メールの自動化とは、

  • 新規見込み客に対するブランデイング
  • 既存客に対するフォロー です。

  和佐さんのビジネスの流れは、

  • 無料オファーをアフィリエイターに配ってもらう。利益を還元する。
  • 広告のプロとジョイントして集客してもらう。利益は還元する。

 この2つの方法で半自動化する。

さらに、

  • フロントで集まった新規見込み客に対するブランデイングをステップメールによって自動化する。
  • フロントを経て残った人だけを相手に自由にビジネスを展開する。

 この4つの流れでビジネスを行うそうです。

このようなことを初めて知ったのですごいと感じました。同時に学ぶことが出来ました。自分では出来そうもないです。

 メールの自動化が今の和佐さんのビジネスのカギを握っていることがわかりました。

 また、ステップメールの作り方(8つの項目)を学びました。

  自動化すると同時に人間でなくなる。どうやって人間味を演出するかが課題だそうです。それは、「質問する」ということで幾分解決できるそうです。

 文章とは書き手と読み手の対話なので、相手を気遣うことが重要になってくるので、このことも学びました。

殆ど初めて知ったことなので勉強になり自分にとっては大変だなと感じました。

 

 2.今回の通信で最も重要なポイントだと思ったこと。

  メールは自動化に大事なものである。

しかし、自動化すると同時に人間ではなくなる。ステップメールは原理的に人間味が薄れるものである。どうやって人間味を演出するか?

 「質問する」ことが大事である。これによって相手を気遣うことが出来る。

相手を気遣わなければ会話はないように文章も相手を気遣いたいわする意識を持つ必要がある。

  「質問を投げかける」ただこれだけで文書の質は向上し、1対1の感覚で読み手と対話することが出来る。だから重要なポイントだと思いました。

 

 3.何故、重要だと思ったのか、その理由を教えて下さい。

 

 自分自身の意識を読み手に向けるためにも質問を織り交ぜていくことです。

そうすれば人間味のある反応の取れる文章が書けるはずです。

 簡単なことですが非常に強力です。

 対話が成立しているか?

 読み手を気遣えているか?

 これが今後、あなたのビジネスを大きく左右するはずです。

 だから、今後の私のビジネスが成功するかどうかの大きな分岐点になるので重要だと思いました。

 

4.今回の通信を読んで実践したことを報告してください。

 

 いつも書いている日記で、読者に質問してみました。今まで読者を意識して書いたことがなかったのでこれから質問を投げかけてみます。

 

「二人三脚プログラム(NEO)」SILVERプログラム(Paypal決済)

http://www.3sha-re.com/aff/9363/435/468/

 

【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

http://www.3sha-re.com/aff/9363/15/61/

【無料プレゼント】高額商品をネットだけで大量に販売する方法

http://www.3sha-re.com/aff/9363/15/62/

【無料プレゼント】会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法

http://www.3sha-re.com/aff/9363/15/60/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ