子育てと情報ビジネス 004

 

 

子育てと情報ビジネス

子供は我がままで慾が深くて感情的で難しい生き物です。
しかし、そんな子供も親は我が子であれば育てます。自分の欲望を抑え、忍耐して子供を育てます。そこには親子の愛情があるからです。

 情報ビジネスでお客さんが困っていたら力になり幸せを願うのは、同情や愛情や様々な感情が湧くからだと思います。

 例えば、脱毛サロンの分野でビジネスを始めようとすると、まず、脱毛しようとする人々の悩みを聞いて理解していきます。

悩みを聞いていると、

  • その人たちを嫌いになるか
  • 愛情が芽生えるか

のどちらかになります。

私は、嫌いになりました。体毛はそれなりに役目があって役立つものなのに美しくなるためとか、匂いが嫌だとか我がままだと思ったからです。

親からもらった体毛を剃ること自体、理解出来ませんでした。

 

 報酬が良いと言う理由だけで始めましたが、悩みを聞いているうちに嫌いになり辞めました。だから1円も稼げませんでした。
 もし、その人たちを嫌いになったらその分野でビジネスは始められないと思います。何故なら、そこに愛情が生まれないからです。

相手のことを嫌いならビジネスは始められないと思います。

 お客さんは、子供と同じで我がままで、欲望が強くて、論理的ではありません。
だから、悩みを抱えているわけです。

 子供を育てるのと同じで、相手を理解して受け入れて方向を示して自力で前進するように僕らは努力する必要があります。

 多くの人はお金に目が眩んで儲かりそうな市場に参入しますが、だから失敗します。

 お客さんが好きで理解して悩み努力して大きな価値を提供して、その情報がお客さんの欲望を満たすなら、その対価としてお金を得ることが出来るのです。

 

  [無料プレゼント]会員制ビジネスで毎月数百万円の収益を稼ぐ方法」

  【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ