「ニッチ」という都市伝説 036

1. 3回読んでから学び取ったこと、感じたことをあなたの言葉で書きなさい。

 

(1)幻の市場「ニッチ」の正体

 

 ニッチとは、ライバルが少なくお客さんが豊富でお金を持っている市場で、情報商材の宣伝で良く見たことがあるので、本当にあると思っていた。

例えば、犬のしつけ、ビリヤード、ダーツ、野球、サッカー、釣りなどがある。

しかし、これらの市場は巨大であるが、ニッチとは疑問である。

 

 和佐さんは、僕自身「ニッチとは自分自身のことである」と言ったが意味がよくわからなかった。ニッチの条件は、ライバルが少ない、お客さんが多いのだそうだ。

 

「何にも負けない面白いものを作る」という、自分との戦いに挑み始めた瞬間にライバルはいなくなり、「ブランド」が生まれそして「ニッチ」が出現するのだそうです。僕にとってのニッチとは、僕自身であり、僕を信じて集まってくれた人たちの集まりだそうです。

 

ここで先程、和佐さんが言われた意味がわかりました。そして成程と勉強になりました。

自分=ブランド≒市場=ニッチという関連性が成り立ちます。

一般常識では、市場=既にあるものです。和佐さんにとっては、市場=生み出すものだそうです。こういう考えも学び取りました。

 

コンテンツビジネスの究極は「役に立って面白くてなんか好き」という境地で良く理解出来ました。これは、ブランドの到達点です。ヴィトン、アップルもあらゆるブランドはこれを目指します。

iPhone やiPadも役に立って面白くてなんか好きを具現化したものですね。

 

(2)ニッチ・オブ・ニッチ

 

 具体的にどんな市場を選んだらいいのでしょうか?

一般的には「強力なライバルがいない市場に参入すべきだ」と言われています。

ところが、和佐さんの目指すビジネスには関係ないので無視するそうです。 

 和佐さんがもし、新規参入するとしたら、でかい市場に参入するそうです。

コンテンツビジネスで、具体的に参入するなら、競馬・投資・恋愛だそうです。

競馬がやりやすくて好きだからが理由です。

 

最初に6か月の勉強と実践を繰り返すそうです。次の6か月は、友達や家族に教えて実践させるそうです。1年後に、いよいよ参入です。

1年で「知識+経験+他人のデータ+自分の理論+お客さんの心理」が頭の中にあります。

 

それで、参入して6か月間は、情報発信とリスト集めをします。大体3000リストは集まるでしょう。そしてコンテンツの販売をします。

 

更に6か月でリストを増やしビジネスを拡大します。参入を決めてから2年、ブランドとニッチが生まれます。3年目は年間5000万円~1億円の売り上げがあるでしょう。

 

全く、私はこういう実践的なことを考えもつかず、すごく勉強になりました。

 

とにかく「生み出す力」を身に着ける必要があります。2年間、修行と準備に費やす。コンテンツを生み出すスキルが無ければニッチは生み出せません。

 

 

  • 次にもっと知りたいことを「考えて」ください。(自分の問題点を再確認するエクササイズ)。

 

  • ブルーオーシャン市場

 

 情報商材の宣伝で、これはブルーオーシャンな市場だからということを見たり聞いたりします。これもあり得ない市場でしょうか。ニッチと同じようにライバルがいない、お客さんが多い市場だと言っていますがあり得ない市場だと思いますが。

 

  • 飽和しない市場

 

 絶対に飽和しない市場だと良く見たり聞いたりしますが、本当でしょうか?

最初は、稼げてもやがて多くの人が殺到してしまうから、1~2年の間に飽和すると思うのですが。しかし、地域によって限定すればあり得るのかなとも思いますが。

 

「BRIDGEプロジェクト」

http://www.3sha-re.com/aff/9363/514/553/

「7日間で悪習慣を書き換える方法」

http://www.3sha-re.com/aff/9363/506/544/

「黄金習慣モーニングーPayPal」

http://www.3sha-re.com/aff/9363/507/545/

2 Responses to “「ニッチ」という都市伝説 036”

  1. あとむ より:

    こんにちは、Ilogさん

    ランキングから参りました、あとむです。
    「ニッチ」は、ライバルが少ない市場でなおかつお金を持っている、事が条件になります。

    余り、ニッチについて考えてことがなかったので・・
    良い勉強ができ、また改めて考えるいい機会になりました。

    応援完了

    また、伺います。

    • sancarlos より:

      こんばんは。あとむさん
      応援していただき有難うございます。返信が遅れて申し訳ありません。
      今後ともよろしくお願いします。
      Ilog

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ