オリジナリテイの演出 040

1.3回読んでから学び取ったこと、感じたことを、あなたの言葉で書きなさい。

(1)オリジナリテイを感じる瞬間

和佐さんが考えるオリジナリテイを感じる瞬間とは、

(a) 新しいと感じた瞬間
(b) 凄いと感じた瞬間

例えば、アップルの出したiPadは新しく、MacPROは凄いそうです。

新しいと感じたのは、

・松本人志の企画
・柴田ヨクサルの漫画
・AKB48のコンセプト

凄いと感じたのは、

・春風亭小朝の落語
・聖飢魔?のライブパフォーマンス
・Gaoktのライブパフォーマンス
だそうです。柴田ヨクサルの漫画は知りませんが、こういう例を見ると成程と理解できました。

新しいと凄いで僕らが注目すべきなのは、「新しさ」のほうです。新しいと思わせることが出来れば人はオリジナリテイを感じ、思わず注目してしまうという特性があるので演出によって意図的にコントロール可能です。

中身もあり演出が秀逸というのが最高のパターンだそうです。

この考えに成程と思い学びました。今までこういうことを考えたことがなかったです。

特にこれからの時代は、演出の力がものをいう時代になります。

情報化社会」とは、情報を操る側と情報に操られる側と明確に分かれる社会です。

 情報を操る側が時代を動かす。演出とは、言い換えれば情報操作です。

 ここでいう「演出」の意味が良く理解出来ませんでした。

 (2)「プロパガンダのパターン」

プロパガンダは、情報操作による意識誘導です。仮想の敵を設定します。
わかりやすい例では、

・アルゴアの「不都合な真実」

・バラク・オバマの「change」

・ジョージ・ブッシュの「テロには屈しない」などです。

 仮想の敵を示し、自分の主張が正しい者であると証明するためのものでした。

プロパガンダで最も重要なポイントは、注目されるということだそうです。

注目されるために「仮想の敵を設定する」は、非常に有効です。

ジョージ・ブッシュがイラクのフセイン大統領が、テロリストをかくまっていると言って、イラク戦争を始めたとき、世界の世論や日本の世論が同調しました。確かに仮想の敵にされたフセイン大統領は、気の毒でした。

使いやすく重要なテクニックは「カードスタッキング」というテクニックで、マジック用語で「都合の良い所だけを強調して見せる」です。

新しく見せるには、別の所に目を向けさせる。

内容に、語り手に、問題点に、企画の面白さに、成功者の体験談に、値段に注目させるなど。

そのコンテンツのより魅力的な部分をフォーカスしてそこに注目させます。

押し出すオリジナリテイのない商品は売れません。簡単に言えば「普通じゃないことをやらないといけない」ということです。

確かに面白さがなければ売れないでしょう。すごく勉強になりました。

2.あなたがこれまで興味を持ってきた宣伝活動を5個思い出して下さい。
(選挙や映画の宣伝活動なども含む)。

・民主党を応援するメデアが流した「政権交代」という宣伝活動。
・自民党の選挙のスローガン「日本を取り戻す」という宣伝活動。
・文部省の宣伝した「ゆとり教育」。
・NHKのプロパガンダ放映「アジアの一等国」。
・映画「007シリーズ」の宣伝活動。

3.これらの宣伝活動に興味を持ったきっかけは何でしたか?

・「政権交代」というメデアの宣伝活動は、日本の危機になると思った。
何故なら、あの社会主義政党が政権を取れば、日本解体が始まると思った。
・「日本を取り戻す」というスローガンは、日本復興の明るい未来が実現できると思った。
・「ゆとり教育」は、危険な政策だと思った。日本の生徒の学力低下を招くからです。
・「007シリーズ」は、夢と冒険と恋を描く映画で殆ど見ました。

 

4.実際に購入、参加されたものがあれば、その理由を考えて見て下さい。
(購入、参加していない場合は、その理由を考えて下さい)。

・民主党が政権を取ったら如何に危険であるかをブログを通して拡散した。
・「日本を取り戻す」ためにネットによる宣伝、拡散によって国民に知らせた。
自分も自民党に投票した。
・NHKのプロパガンダを訴えるために集団訴訟の原告の一員となった。
・「ゆとり教育」について反対だったが、文部省の担当者は、左翼であり、

 教育審議会の大学教授のメンバーは、殆ど左翼であった。

 自民党の文教部会の代議士もリベラルでどうしようもなかった。
・「007シリーズ」は、作者イワン・フレミングが諜報活動に詳しく、原作が面白かった。

 

5.今回生まれた新たな疑問や質問を自由に書いて下さい。(今回のテーマに関係なくても大丈夫です)。

新しさをどうやって新しいと思わせることが出来るのでしょうか?

演出も具体的にどのようにするのかがよくわかりません。

コンテンツの内容、語り手、問題点、企画の面白さ、成功者の体験談、値段に注目させるということは、それぞれが魅力的で、面白さがある必要があります。

コンテンツ作成者は、あらかじめ全体や部分の新しく魅力的であるように考えることが重要だと思いますが。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ