情報の生み出し方 052

    1.あなたが支持(好き)している人は誰ですか?

 前衆議院議員の西村眞悟先生です。

  

 2.その人物はあなたにどんな未来を見せてくれますか?

 

  戦後70年も経ったのに日本は、情けない国であり、国民は恥を知らない人が多くなった。

  この西村先生は、尊皇愛国の士で日本の再興を目指している。

 日本は、戦前に回帰しなければならないを信条にしている。

 

 あのアメリカ人に天皇を人質に押し付けられた憲法を後生大事に頂いている日本人とは違うのです。

 

 日本は、スターリンの共産主義に騙されて米国と戦わざるを得ない状況になり、未曽有の敗戦を味わった。日本は、実際は共産主義に敗れたのである。

 

 その共産主義に被れた者が如何に多いか。政治家、官僚、大学教授、教員、企業家、組合員達が共産主義を信奉している。

 

 西村先生の考えは、日本は、アメリカ憲法を廃棄し、明治憲法に戻り、天皇統治と軍隊を持ち、

  尊皇愛国の民を育成し、家族制度を見直し、社会が暖かい雰囲気で助け合い

 和の精神で各自がそれぞれの分野で国家のために働く生きがいと誇りを持てる

 社会を構築する必要があるというのが持論です。

 

 政治家がだらしないから、毎日残酷な殺人事件が報じられ、交通事故が日常化し、老人も若者も子供もつまらない事件で死んでいく。

このような社会を誰が望むだろうか?

 

 また、国防上最も危険な状況にわが国は置かれている。共産中国と北朝鮮と韓国が危険である。

 特に中国は強大な軍事力を持ち、いつ日本に侵攻してくるかわからない。

 そのための安全保障法を作ると戦争法案などと馬鹿を言う左翼が多い。

 

 西村先生は、この日本を危惧し、愛国心を抱いて政治活動を行っていますが、

 維新の党時代に、大阪の繁華街には、韓国人の売春婦が沢山いるではないかと事実を述べたのに、維新の馬鹿松野や松井たちに反対され辞職させられてしまった。

 

 しかし、また再起して当選すると思う。

 もし、西村先生が総理大臣になれば、日本の再興がなり、日本国民は幸せになるでしょう。

 

 3.なぜあなたはその未来に惹かれたのですか?

 

 日本は、世界最古の皇室を持ち、その文明は世界に誇れる文明である。

 日本人が、誇りを持って世界に出て活躍できるように希望する。

 

 70年前の戦争は、日本が中国などを侵略しようとした悪い国だと思っている日本人が多い。

  さらに従軍慰安婦を韓国に騒がれ性奴隷だと嘘をつかれ韓国人は、アメリカやオーストラリアに慰安婦像を建てる活動を行っている。

 これでは、海外に住む日本人やその子供は恥辱を受ける。このような現状を打破しなければならない。

 その仕事は、やはり政治家の仕事である。

 

 愛国の情と信念を持つ政治家が輝かしい大日本帝国の栄光を再び取り戻す未来を望みます。

 

 4.最後に今回学んだこと、気が付いたことをシェアして下さい。

 

 理想的な情報発信者とは誰か?

それは、多くの人に指示される人物です。

 

キリスト教の信者は20億人以上です。イエスの出現にはストーリーがあった。

イエスの場合、

  • 救世主であること。
  • 様々な伝説があること。
  • 原罪を背負って死んだこと。
  • 復活したこと。

 これらのストーリーが無ければ「本物である」と信じられることはなかったでしょう。仏教徒から見れば本当かなと思う部分もあります。

 

「ストーリーを使う」とは、意図的に洗脳できるものです。

 

支持される人間は、誰かにより良い未来を見せています。

僕らの仕事は、未来を描き、見せ、共に歩むことです。

 

「お金を稼ぎましょう」ではなく「本物の自由を手にいれよう」とか

「クリエイテイブな人生にしよう」という未来です。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ