情報の価値と価格 007

「情報の価値と価格」

「98%の人は情報に価値があると思っている」と聞いて、私も価値があると思っていました。質の高い情報には価値があると思っていたのです。

 しかし、質の高い情報とは何かと考えた場合、お客さんの望む結果が得られる情報が質の高い情報と言えます。

 「情報に価値なんてない」と聞いてもっと驚きました。

情報起業者、販売者は、専門家を相手にビジネスするわけではなく、一般の素人相手にビジネスをするわけです。

 

 その場合、素人は情報に価値を感じないのではないか?現代はものすごい量の情報が溢れているのでそれらの情報に価値を感じないのでしょう。

「自分にとってどんなメリットがあるのか?」ということにしか感じないので情報に価値がないと言えるのでしょうか。

 

 しかし、お客さんはたくさんの情報の中からメリットのある情報を検索して探すわけです。そしてある程度情報を絞って最終的には判断して購入したりして結果が良ければ価値を感じてくれます。

 

 お客さんは、結果に価値を感じるのであってたくさんの情報自体に価値を感じるのではないということがわかりました。

 

  「価格設定」

 情報販売者は、その商品の価格設定に悩むと聞いてまた、びっくりしました。

 理論上では、「最も利益が出る価格」です。ところが情報販売者は、「気分」で価格設定をするそうです。

 

 言われて見れば、物販の場合には、仕入れ価格、手続き費用、人件費や運送費がかかるのでそれに対して3割とか4割とか利益を上乗せして決めるので悩むことが少ないと思います。

 

 しかし、情報販売では、インターネット接続代、プロバイダー費用、サーバー代などの上限が決まっていてさほど大きな金額ではないです。

 しかし、コンテンツを作るのに時間を費やし、書籍代などの調査費がかかり、知恵を絞り、大げさに言えば人生を切り売りしています。

 

 だから、あまり安い価格で売るわけには行きません。かと言って高額な価格では売りたくないわけです。

 この値段なら安いと思われる価格を「気分」で決めるという意味が段々とわかって来たのです。

 

「イデアイズム」[無料登録]

「最強のふたり・創造的破壊伝説」無料登録

 [無料プレゼント]会員制ビジネスで毎月数百万円の収益を稼ぐ方法」

 【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意 

 [無料プレゼント]「17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密」

 [無料プレゼント]「高額商品をネットだけで大量に販売する方法」

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ