情報販売の意味と問題点 002

情報販売の意味と問題点

 

情報販売、情報起業と呼ばれるビジネスがインターネットに登場して6~7年経つでしょうか。

現在は、多くの人が情報を売って数百万円を稼ぐ夢がなくなり、実力勝負の時代になっています。

今は、情報だけでは売れなくなりました。
現在は、情報があふれていますが、この時代に情報が売れるでしょうか?

いい加減な情報や、偽情報や詐欺情報まである時代に信じられる情報をどうやって見分けるかがお客さんの悩みになっています。
お客さんにとって「信じられる情報源」を見つけることが大事になって来ます。

情報販売者は、お客さんの信用を得ることが大切です。
情報販売者に求められることは、お客さんに結果を出してもらうことです。
そのためには、お客さんに的確なアドバイスが出来、良い結果に導くことが必要です。

情報販売者が結果を出してもらう手順を説明します。

1. 自分がどんな情報を提供してお客さんに役立つことが出来るか考える。

例えば私の場合だとゴルフが趣味で長年プレイしてきたので初心者には教えることが出来そうです。ゴルフセットやスイングの方法や練習方法やゴルフ場での問題点などアドバイスできるでしょう。

2. 自分が役に立てるお客さんを見つける。

例えば、ゴルフブログを開設してそこに集まった読者の方とコミュニケーションして悩みを理解します。

3. その人たちを深く理解して情報を提供してアドバイスして導く。

お客さんの悩みを深く理解して僕の知識や経験を活かしてどうしたら悩みを解決できるか一緒に考えます。そして的確な情報を提供してアドバイスして解決に導きます。

4. 結果を出してもらう。

例えば、スイングが修正出来たとか、スコアが良くなったとか、飛距離が伸びたとか、いろいろな悩みを解決して結果を出してもらいます。

「ビジネスとは教育である、教育とは導くことである」を常に意識して情報を販売する必要があります。

 

「イデアイズム」無料登録

  長倉顕太・原田翔太・和佐大輔の3人が手を組んで、1000万円払うと言われても絶対に教えたくない
”革命の起こし方”を暴露。

 革命の出版社・イデアパブリッシングが贈る「革命のバイブル」Idea Ism
 

「最強のふたり・創造的破壊伝説」無料登録

「和佐大輔物語・絶望編」(無料ダウンロード)

「和佐大輔物語・希望編」(無料ダウンロード)

 

「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

bago_1441616321.8502_230   名前:Ilog。 小生は、インターネットビジネスを始めてまだ3年です。情報販売ビジネスについて全く知らなかったので、この業界で若くてインターネットなどの哲学を考えておられる天才である和佐大輔さんのIllmatic通信と言う教材を購入して学んでいます。毎週、教材が送られて来て、宿題を提出しなければなりません。1回読んだだけでは理解できず3回以上読む必要があります。毎週、宿題に追われているという感じです。どうぞこのブログよろしくお願いします。

日本ブログ村

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済/情報商材

ブログの殿堂

ブログランキング

blogram

blogramのブログランキング

このページの先頭へ